新規会員登録

送料無料までもう少し!1,000円以下特集

商品カテゴリー

新規会員登録

送料無料までもう少し!1,000円以下特集

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
休業日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

Facebook

淡交社

 

トップ > ブランド > 昇苑くみひも

昇苑くみひも


源氏物語・宇治十帖の町から組み上げられる
美しきくみひも


昭和23年(1948年)創業。創業当時は手組み工房として和装小物の帯締めを生産。手組みの帯締めつくりはそのままに、伝統の京くみひもを現代の暮らしに生かすべく、近年はくみひもを軸とした和雑貨の開発にも力を入れていいます。
なお、昇苑くみひもの生産は全て京都、染めに関しても京都西陣の職人が染め上げているこだわりの姿勢も見逃せません。

くみひもについて

縄文土器に見られるように、くみひもの歴史は縄から始まり文明の発展、進化とともに技術が向上しました。

平安時代には京都の王朝文化を優雅に演出し、鎌倉時代には武具への用途が高まり実用的なくみひも作りの技術が発達、江戸時代には羽織ひもが作られるようになりました。

自然が生み出す宝石のように美しい光沢のあるシルクを紡いで作られる糸を使い、3500種とも言われる組み方の中から組み上げられるくみひも。

現在もさまざまな用途で使われています。

 
鼻緒どめ(8)
     

全11件

TOP